初めての在宅介護ガイド

家族が倒れた!
そうなったとき、「自分の家で面倒をみたい」と希望するひとは、
在宅介護という道を選ぶでしょう。

 

実際に在宅介護に関わった母を持つ筆者が、自宅介護のポイントを
お伝えします。

 

私の母は、十年近く、父の両親の在宅介護をしてきました。
「看護士」という「プロ」であったからこそできたこと、
そのときに大切だったことは何なのでしょうか?

 

 

どんなことがわかるの?

介護

 

しかし家族だけで要介護者を抱え込み、面倒を見ていくのには
なかなかハードルが高く、難しい面があります。

 

そこでこのサイトでは、
「どんな支援を受けることができるのか」
「金銭的負担の軽減の仕方」
「ケアマネージャーの選び方」などの、介護負担を減らす方法をお教えします。

 

また、在宅介護における現実や問題点などもしっかり把握しておいてほしいので、
実際の例を紹介しつつ、
「上手くいったケース」
「結果的にあまり上手くいかなかったケース」もあわせて紹介します。

 

 

在宅介護に入る前に

「自宅で介護する!」と決める前に、「それができる環境かどうか」を
考えることもとても大切です。

 

介護に何より必要なのは、「気配り」であり「いたわり」であり「理解」です。

 

これは何も、「介護者→要介護者」だけの働きかけを指すのではありません。
何より大切なのは、「周囲→介護者」への働きかけです。

 

「在宅介護」ということを考えた時、後者の方はおざなりにされがちです。
しかしこの重要性は非常に高く、忘れてはいけないものなのです。

 

おむつ交換、薬、食事......。
介護者にのしかかる課題を改善するには、いつも回りの理解が必要なのです。

 


 

老人ホームも選択肢の1つ

介護


このホームページでは、在宅介護の方法を紹介していますが、

有料の介護サービスなどを否定しているわけではありません。


むしろ、在宅介護で無理をしてあなたの生活に支障が出るようでしたら、

老人ホームなどのサービスを積極的に利用した方がいいと思います。


老人ホームというと、自分の身内をおしやるような印象があり、

なんか利用しにくいと思う人もいますが、

精神的にかなりラクになりますし、介護される方も気をつかわなくていいので、

老人ホームに入ってから、お互いの関係性、状況がよくなったケースが多々あります。


ですので、もし気になるなら、一度見学などをして検討してみるのもお薦めです。

老人ホームの見学は直接施設に申込をしてもいいですが、

「老人ホーム無料紹介センター」から申し込んだ方が簡単ですし、失敗がありません。


こちらはプロの相談員があなたの状況、希望に合せて、

おすすめの老人ホームを複数紹介してくれます。

そのまま予約の手配などもやってくれるので、

本当に簡単ですし、失敗がありません。


もちろん無料ですので、老人ホームが気になる方は一度見学して、検討してみてください。

 


中立の立場のアドバイザーだから、本音で相談ができる!!